LEVI'S 501(BIG E TYPE A, Waist Chain)

 ここで紹介するのは、BIG Eモデルのうち、パッチに""TYPE ○"と印字された「タイプもの」と言われるもの。"○"には、A, S, B, F, Iといったアルファベットが付されるが、これは"TYPE A"である。BIG Eの製造時期の中でも中期から後期の製造のものではないかと言われている。

LEVI'S501(BIGETYPEA)
LEVI'S501(BIGETYPEA)_前面

シルエットは、もう1本のBIG Eのものと変わるところはない。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_背面
LEVI'S501(BIGETYPEA)_紙パッチ

紙パッチ

"501"の上に"A"のスタンプ。その意味については、品質、製造工場など諸説ある。"100%COTTON"と"WPL432"の表記の位置がもう一本のBIG Eと比べて入れ替わる上に、すべて大文字に替わっている。縫い付けはイエローテステッチ。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_フラッシャー

フラッシャー

もう1本のBIG Eと同様に、大きな"Levi's"がsmall e表記で、"SHRINK-TO-FIT"、○C1966の著作権表記がある。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_ギャランティーチケット

ギャランティーチケット

"FOR OVER 100 YEARS"と左下には1966年の著作権取得年の表記がある。また、右下に小さく"J 501"の表記。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_バックポケット

バックポケット

やはりやや縦長で形が左右でややいびつになっているバックポケット。アーキュエイトステッチも、左右で若干形が異なる。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_アーキュエイトステッチ

アーキュエイトステッチ

アーキュエイトステッチは、オレンジステッチ。ステッチの幅は細かい。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_赤タブ

赤タブ

両面タブで、"V"の左右の幅が異なる不均等Vである。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_ベルトループ

ベルトループ(センター)

BIG Eではオレンジステッチが使われる箇所がほとんどであるが、ベルツループの2本はイエローが使われることも多い。このほか、この個体では、ヨーク部にもイエローステッチが使われている。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_バータック

バータック(バックポケット)

XXでは隠しリベットが打たれていたバックポケットの補強は、黒色のバータックに。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_トップボタン

フロントトップボタン

亜鉛メッキの鉄製と思われる。やはりツヤツヤしていて文字がはっきりしている。真ん中がやや膨らんでいる。トップボタン横のステッチは、平行ステッチ。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_フロントボタン

フロントボタン

トップボタンを含めてボタンは4つ。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_フライボタン

フライボタン

足長Rで、メッキされた鉄製ボタンである。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_トップボタン裏

トップボタン裏

"4"の刻印。ウエストベルト上はチェーンステッチ。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_リベット

リベット

磁石が付くため、銅メッキの鉄製である。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_リベット裏

リベット裏

アルミ製。こちらは幸いまだ欠損がない。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_コインポケット

コインポケット

生地は横使い。裏はチェーンステッチで縫われている。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_股部分

股部分

逆U字の縫い目に合わせてカンヌキ止めがされている。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_スレーキ

スレーキ

もう1本のBIG Eでは多くの数字がスタンプされていたが、こちらは"99 1"のスタンプのみ。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_アウトシーム・セルビッジ

アウトシーム・セルビッジ

薄いピンク色の耳。やはり強くズレて縫われている。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_アウトシーム

アウトシーム

シングルステッチで縫われている。BIG Eの判別法の一つである。

LEVI'S501(BIGETYPEA)_生地

生地

ネップや織りキズはほとんど見られないが、表面のスラブ感は、まだまだ感じられるレベルである。

表記サイズ ウエスト
ヒップ 前股上 後股上 ワタリ 股下 裾幅 総丈
W27/L32 68 102 27 36.5 28 78 19.5 105