1966~67年ごろ、パッチ上の501の品番表記が"501XX"から"501"に変わり、いわゆるBig Eモデルに移行していく。XX期以前は、ユースサイズ(27~29インチ)は"503BXX"(ジッパーバージョンは"504ZXX")が品番であったが、XXの終了とともに"501"(ジッパーバージョンは"502")に統一され、フロントボタンの数なども変更されている。Big Eのパッチの表記には様々なものがあり、ここに取り上げるのはBig Eの中でもパッチに大きな文字で"501"の表記があるモデルだが、各種ディテールからBig E移行後しばらく経過してから製造されたものではないかと推測される。

LEVI'S501(BIG E)

XXからフラッシャーのデザインが変わっているが、全体としては大きな変化は見られない。

LEVI'S501(BIG E)_前面

XXと比べるとテーパードしていることがはっきりと分かるようになっている。ただし、太さ自体は大きくは変わっていない。

LEVI'S501(BIG E)_背面
LEVI'S501(BIG E)_紙パッチ

紙パッチ

大きく"501"と印字されている。ギャラ無紙パッチの503BXX504ZXXのものと比べると"WPL423"と"100% Cotton"の表記が加わっている。

LEVI'S501(BIG E)_フラッシャー

フラッシャー

XXのものと比べると、上のロゴ表記がsmall "e"に変わり、その下の左右の赤タブを模した中の表記はBIG Eとなっている。一般にプリシュランクのジーンズが広まっていたためか、STFの501のフラッシャーには"SHRINK-TO-FIT"と大きく書かれるようになった。また、隠しリベットの廃止により、"THE RIVET'S STILL THERE"の表示が"BARTACKED AT POINTS OF STRAIN"に変わっている。一番下には、○C1966の著作権表記が加えられている。

LEVI'S501(BIG E)_ギャランティーチケット

ギャランティーチケット

紙製。"FOR OVER 100 YEARS"の表記となっており、破れたら新品で保証する旨の表記もある。ギャランティーチケットの著作権の取得年も1966年に変更されている。右下には、小さく"J 501 MARCA REG."の表記。

LEVI'S501(BIG E)_バックポケット

バックポケット

バックポケットの形が左右非対称となり、やや縦長になる。また、アーキュエイトステッチは、かなり深めで、左右の大きさが不均等なくせの強いものとなっている。

LEVI'S501(BIG E)_アーキュエイトステッチ

アーキュエイトステッチ

アーキュエイトステッチは、オレンジステッチとなっている。また、XX期と比べるとステッチの幅が細かくなっている。

LEVI'S501(BIG E)_赤タブ

赤タブ

両面タブで、"V"の左右の幅が同じの均等Vである。BIG Eぐらいから不均等"V"も多く見られるようになるが、均等Vの方が低年式とされる。

LEVI'S501(BIG E)_ベルトループ

ベルトループ(センター)

センターの縫い目からずらしたオフセットベルトループではなく、縫い目に合わせてベルトループが付けられるようになる。

LEVI'S501(BIG E)_バータック

バータック(バックポケット)

隠しリベットは廃止され、黒色の(バータック)カンヌキ留めに代えられている。

LEVI'S501(BIG E)_トップボタン

トップボタン

亜鉛メッキの鉄製。BIG Eでも初期の頃は、フロントボタン横がV字ステッチであったが、これは比較的高年式のためフロントボタン横2本の平行ステッチが採用されている。

LEVI'S501(BIG E)_フロントボタン

フロントボタン

サイズの小さい革パッチ片面タブの503BXXではトップボタン以外2つ、ギャラ無紙パッチの503BXXではトップボタン以外3つであったが、これも3つになっている。

LEVI'S501(BIG E)_フライボタン

フライボタン

ギャラ無紙パッチの503BXXと同じく足長Rボタン。亜鉛メッキの鉄製ボタンである。

LEVI'S501(BIG E)_トップボタン裏

トップボタン裏

"8"の刻印。ウエストベルト上のステッチは、BIG Eの初期はシングルステッチであるが、これはチェーンステッチへの変更後のものである。なお、ベルトループの取り付けも「バンザイ縫製」によるのではなく、後付けになっている。

LEVI'S501(BIG E)_リベット

リベット

銅メッキの鉄製である。

LEVI'S501(BIG E)_リベット裏

リベット裏

ギャラ無紙パッチの503BXXと同じくアルミ製である。取れやすいようで、デッドであるにもかかわらず、この写真でも分かるように取れている箇所がある。

LEVI'S501(BIG E)_コインポケット

コインポケット

生地は縦使いで、耳が出てくる可能性はない。裏は、これまでとりあげたXXではシングルステッチで縫われていたが、裏はチェーンステッチで縫われている。

LEVI'S501(BIG E)_股部分

股部分

"XX"にはなかったカンヌキ留めが加えられている。色はオレンジ。縫い目に合わせて付けられている。

LEVI'S501(BIG E)_スレーキ

スレーキ

XXと比べるとかなり多くの数字が羅列している。

LEVI'S501(BIG E)_アウトシーム・セルビッジ

アウトシーム・セルビッジ

薄いピンクの耳。裾もかなりずれた縫い目になっていて、洗えば大きなうねりが出ることが予想できる。

LEVI'S501(BIG E)_アウトシーム

アウトシーム

シングルステッチで縫われている。BIG Eより後の66モデルではチェーンステッチで縫われており、アウトシームの縫い方は、紙パッチや内タグ、赤タブが欠損しているもののを判別するときに、有用な判別法と言われている。

LEVI'S501(BIG E)_生地

生地

表面のスラブ感は、まだまだ感じられる。

表記サイズ ウエスト
ヒップ 前股上 後股上 ワタリ 股下 裾幅 総丈
W27/L32 69 102 28 36 26.5 77.5 19 103