LEVI'S 506XX(1947~52年製)

 リーバイスのファーストタイプジャケット506XXで、第2次世界大戦以降に製造されたもの。大戦前のディテールに戻されており、ポケットのフラップが復活し、フロントボタンの数も大戦期の4個ではなく5個に戻っている。しかし、フロントボタンとプリーツにある四角のステッチの位置が同じ高さになり、シンチバックの金具も針なしのものに置き換わったりと、大戦前のものとは異なるディテールもある。

LEVI'S506XX(1946)_前面

フロントプリーツの部分にある3つの長方形のステッチとボタンの位置とが同じ高さにあるため、戦後のものであると判別できる。

LEVI'S506XX(1946)_ポケット

ポケット

フラップ付きのポケット。フラップの下端は、緩やかに曲線を描いている。

LEVI'S506XX(1946)_ポケット裏

ポケット(フラップ裏)

戦前のものと同じく、フラップの裏は、ライトオンスの2×1の生地になっている。
LEVI'S506XX(1946)_赤タブ

赤タブ

表面のみに刺繍が入ったいわゆる片面タブ。

LEVI'S506XX(1946)_フロントボタン

フロントボタン

一般的には、501XXと同じように銀色のボタンが使われているようであるが、この1枚には、銅メッキらしきメッキがされた鉄製ボタンが使われている。いろいろと調べたところ、稀に見られるもののようである。

LEVI'S506XX(1946)_前立て・ボタン裏

前立て・ボタン裏

前立てには耳の部分が使われている。また、ボタン裏はドーム型になっている。

LEVI'S506XX(1946)_シンチバック

シンチバック

背中のシンチバッグは、両端がリベットで補強されている。この仕様は、戦前期から変わるものではない。

LEVI'S506XX(1946)_シンチバック

シンチバック

針のない金具に置き換えられている。 

LEVI'S506XX(1946)_リベット

リベット

文字が中央寄りで、"O"の字は大文字になっている。

LEVI'S506XX(1946)_生地

生地

戦前期のものや大戦期のものに比べるとも色落ちが若干おとなしめになるとともに、青みが強くなっている。