LEVI'S 605 (BIG E, Red Tab)

 BIG E期に入るころから、ジーンズのファッション化が一段と進み、リーバイスも様々なタイプりジーンズをリリースするが、これは赤タブ付きで605の品番が与えられた一本。リーバイス605というと、606の前身となった黒タブ付きのスリムシルエットのものが有名であるが、赤タブ付きの605はこれと大きく異なり、テーパードがほとんど見られない太めのストレートになっており、505の系統を汲むものと考えた方がよさそうである。

LEVI'S605(BIGE)_前面
BIG Eの501よりも太く、テーパードもほとんど見られないストレート。防縮加工済みの生地を使用しているが、ねじれについてはしっかりと出ている。
LEVI'S605(BIGE)_背面
LEVI'S605(BIGE)_紙パッチ

紙パッチ

品番が大文字表記の紙パッチ。硬化が進んでおり、これ以上洗えば粉々になってしまうと思われる。
LEVI'S605(BIGE)_バックポケット

バックポケット

太めのストレートにしては珍しいかなり縦長のバックポケット。アーキュエイトステッチの角度は深め。
LEVI'S605(BIGE)_バックポケット裏

バックポケット裏

バックポケット裏はシングルステッチ。オレンジタブだと、BIG Eでもチェーンステッチになっていることがあるが、これは品番が605でもレッドタブなのでシングルステッチ。
LEVI'S605(BIGE)_赤タブ

赤タブ

不均等Vの両面タブ
LEVI'S605(BIGE)_トップボタン

トップボタン

505などと同じく銅色のメッキのボタン。
LEVI'S605(BIGE)_ジッパー

ジッパー

タロン42が使用されている。60年代後半から70年代前半に製造されたことが窺える。
LEVI'S605(BIGE)_トップボタン裏

トップボタン裏

ボタン裏刻印は"8"。トップボタン横は、並行ステッチ。501の後期BIG Eと同時期に製造されたことになる。
LEVI'S605(BIGE)_リベット

リベット

銅色メッキの鉄製リベット
LEVI'S605(BIGE)_リベット裏

リベット裏

アルミ製
LEVI'S605(BIGE)_コインポケット

コインポケット

コインポケットも向こう布も生地は縦使い。
LEVI'S605(BIGE)_コインポケット裏

コインポケット裏

チェーンステッチで縫われている。16刻印以外のBIG Eでは共通する仕様と言ってよい。
LEVI'S605(BIGE)_アウトシーム・セルビッジ

アウトシーム・セルビッジ

防縮加工のBIG Eでは、両耳、片耳、耳なしと個体差で分かれるが、これは両耳。耳がかなり太めである。
LEVI'S605(BIGE)_アウトシーム

アウトシーム

アウトシームの縫い方はシングルステッチ。66期よりは前に製造されたことが窺える。
LEVI'S605(BIGE)_生地

生地

強い青みの中にうっすらと赤みが見え、BIG E期のものらしい生地である。スラブ感はさほど目立たないが、ところどころに小さなネップが散見される。

表記サイズ ウエスト
ヒップ 前股上 後股上 ワタリ 股下 裾幅 総丈
W28/L30 71 101 26 35 28 73 21 98