LEE RIDERS 151-Y (1940年代製)

 タグから微かに読み取れる品番は"151-Y"となっている。Yはユースモデルを表すと思われる。コインポケットがない以外はジーンズのディテールに沿っているが、2×1のライトオンス生地で作られており、ディテールはジーンズを、質感はペインターパンツなどのワークパンツを思わせるものになっている。全体的には、イエローステッチが多用され、オレンジステッチが使われている箇所はほとんど見られない。

Lee151-Y

破れてしまっているが、フラッシャーも一応付いている。リジッドではあるが、リーバイスのものほど固く糊付けはされていない。

Lee151-Y_前面

かなり太めのシルエットで、ユースモデルのためか股上も深い。全体のサイズ感は、とても子供用とは思えない。

Lee151-Y_背面
Lee151-Y_革パッチ

革パッチ

代表的モデルである101Zに付いているものと比べるとかなり細長い。革の銀面は削られたようになっている。"○R"や"M.R."の表記はない。

Lee151-Y_フラッシャー

フラッシャー

フラッシゃーのコピーライトは1946年となっていることから、1946年以降の製造であることが分かる。また、"NEW"の文字とともに大きくジッパーフライであることが書かれており、ジッパーフライを始めてすぐぐらいのモデルではないかと推測できる。

Lee151-Y_フラッシャー

フラッシャー

右のバックポケットに入っていたもう一枚のフラッシャー。象形文字のように描かれているのは、牛の焼印に使われたシンボルのようである。

Lee151-Y_タグ

タグ

ウエストバンド裏面の後ろ中央に付けられたタグ。101Zでいう「センター赤タグ」とタグの種類・デザインは同じである。

Lee151-Y_タグ

タグ

革パッチ上部に付けられたタグ。写真ではほとんど読み取れないが、"LOT 151-Y", "SIZE 15"と書かれている。15歳用ということだが、実寸はかなり大きめである。

Lee151-Y_ユニオンチケット

ユニオンチケット

右バックポケット裏には、ユニオンチケットが付けられている。

Lee151-Y_バックポケット

パックポケット

こちらは左のバックポケット。ユースサイズであるためか、ステッチはレイジーSではなく真っ直ぐなタイプで、裏はスレーキの補強がない。名前を書くための革が付けられている。

Lee151-Y_トツプボタン

トップボタン

ユースサイズであるためスナップボタンであるが、Lee RIDERSでありながらもワークウェアに使われる"ロングL"(下が伸びている"L")のボタンが使われている。

Lee151-Y_ジッパー

ジッパー

グリッパージッパーを使用

Lee151-Y_リベット

リベット

"Lee"の刻印が入ったいわゆるUFOリベットが使われている。磁石が付くため、銅メッキの鉄製であると推測できる。

Lee151-Y_リベット裏

リベット裏

中央がやや膨らんだドーム型。磁石が付くため銅メッキの鉄製と思われる。

Lee151-Y_フロントポケット

右フロントポケット

コインポケットが省略されている。

Lee151-Y_股リベット

股リベット

RIDERSモデルでありながらも、COWBOYモデルのように股リベットが付いている。

Lee151-Y_アウトシーム

アウトシーム

巻き伏せになっているが、折り目が足りなかったのか、上に行くと耳が出てしまっている。裾はチェーンステッチ。

Lee151-Y_生地

生地

ライトオンスの2×1の生地で、見た目にも触った感もスラブ感はあまりないが、ネップは目立つ。

表記サイズ ウエスト
ヒップ 前股上 後股上 ワタリ 股下 裾幅 総丈
W27/L34 70 95 28 35 26 85 19 111