Osh Kosh B'gosh Collarless Chore Jacket (1950年代製)

 1950年台のものと思われるOsh Kosh製のカバーオール。襟なしになっており、別に紹介した第二次世界大戦期のものと同じくエンジニアジャケットとしても良いのかもしれないが、ポケットや裾の部分はカバーオールと同じであるため、襟なしのカバーオールとした。当時のワークウェアの仕様が多岐に渡っていたことを感じさせる一着である。

oshkosh_chorejacket_前面

もう一着のエンジニアジャケットは長袖にしたベストという感じであったが、同じ襟なしのジャケットでもポケットや裾の違いで、カバーオールらしい印象が強くなっている。

oshkosh_chorejacket_背面
背中のステッチは、トリプルステッチになっている。
oshkosh_chorejacket_タグの跡

タグの跡

紙製のタグの跡。紙製のためか欠片は残っていない。
oshkosh_chorejacket_ボタン

ボタン

オシュコシュおなじみの首振りボタン。

oshkosh_chorejacket_フロントポケット

フロントポケット

カバーオールと同じように、下2つに大きめのポケットが付けられている。

oshkosh_chorejacket_袖先

袖先

小さめの首振りボタンが付けられている。ボタンホールは2つで、袖先の太さが調整できる。 もう一着のエンジニアジャケットのようにボタンが隠れる仕様にはなっていない。
oshkosh_chorejacket_生地

生地

ライトオンスの2×1の生地で、青みが強く、細かな縦落ちが多く走る。ネップもかなり見られる。