LEE 131-J (1940年代製)

 LEEのジャケット101-Jのボーイズ・ユース版で、赤タグが付いていることから1940年代製のものと思われる。101-jと基本的なデザインが同じであるが、(1)ライトオンス生地を用いている、(2)腰のアジャスターが省略されている、(3)名入れ用のパッチが付けられている、といったディテールが異なっている。ライトオンスの生地を使用しているためかあまり人気は高くなかったが、最近ではあまり見かけられなくなっている。

LEE_131J_前面

おなじみのLEEのデニムジャケットのデザイン。正面から見ただけでは101-Jとは区別が難しい。

LEE_131J_赤タグ

赤タグ

1940年代に用いられていた赤タグ。取り付け方が適当で、襟の生地がタグにかぶっている。
LEE_131J_タブ

タブ

左ポケットに付けられたタブ。"LEE"の文字だけで、"M.R."や"○R"の表記はない。
LEE_131J_ネームパッチ

ネームパッチ

名前を入れるための革パッチが腰に付けられている。縮んではいるものの、硬化はしていない。

LEE_131J_ボタン

ボタン

"Lee RIDERS"の刻印のボタンが用いられている。

LEE_131J_ユニオンチケット

ユニオンチケット

胸ポケットの中にユニオンチケットが付けられている。
LEE_131J_袖

"Lee RIDERS"のボタン。カンヌキによる補強がされている。

LEE_131J_生地

生地

ライトオンス生地。スラブ感が目立つ。101Jとは異なる生地ながらも、青の鮮やかさが大変目立ち、いかにもヴィンテージらしい生地である。