LEE 91-B (1970年代製)

 リーのワークジャケット91-Bで、同モデルの最終期に当たる1970年代のもの。ジップフロントや斜めに入ったポケットなどが特徴的で、リーのワークジャケットの中でも代表モデルの一つである。比較的新しい年代のものであるためヴィンテージ感は乏しいが、リーのジェルトデニム独特の目がしっかり詰まった風合いが感じられる。色落ちはあまり期待できないが、デザインからしてリーらしさが楽しめる一着である。

LEE_91B_前面

ジップフロントで、前ポケットは斜めに付けられている。1920年代後半からのモデルとのことであるが、その当時のデザインとしては非常に斬新だったのではないかと思われる。
ステッチは、すべてトリプルステッチ

LEE_91B_背面
LEE_91B_タグ

タグ

ロゴネームに、○Rと"M.R."がすべて入り、"MADE IN U.S.A."と記載されたタグ。1970年代のものである。
LEE_91B_タグ

タグ

ロゴマークタグの右上に付けられたタグ。ほとんど字が消えているが、洗濯上の注意などか書かれていたものと思われる。
LEE_91B_タブ

タブ

左胸ポケットにつけられたタブ。"M.R."と"○R"が付いている。

LEE_91B_ポケット

ポケット

左胸と、両脇に付けられたポケット。脇のポケットは、101-Jなど比べて寝かせるような角度になっており、ハンドウォーマーというよりはまさしくポケットとしての付けられたいたものと思われる。

LEE_91B_ジッパー

ジッパー

扇形のTALONジッパー。70年代のものでありながらも、どこか古さを感じされる。

LEE_91B_ジッパー

ジッパー

左胸ポケットのジッパー。いわゆる涙TALONが使われている。
LEE_91B_ユニオンチケット

ユニオンチケット

左脇ポケットの中にユニオンチケットが付けられている。

LEE_91B_袖

袖のボタンは猫目ボタン。ワークウェアであるため、物に触れると傷つける恐れがある金属は避けられたのであろうか。2つ付けられており、袖先の細さを調整できる。

LEE_91B_サイドアジャスター

サイドアジャスター

サイドアジャスターも猫目ボタン。

LEE_91B_生地

生地

リーでおなじみのライトオンスの2×1デニムで、ジェルトデニムと呼ばれるもの。1970年代に入ってからのものであるためかムラ感はほとんど感じられず、色落ちを期待できるものではないが、ムラがなく高密度な織りで丈夫さが確保された生地は、ワークウェアとしては理想的なものであったのだろう。