W. T. Grant Jeans (1950年代後半~1960年代製)

 W. T. Grantは、アメリカの最大級のチェーンストアの一つであり、衣料品の生産販売も行っていたようである。ここに紹介するのは、ライトオンスの生地を使用した同社ブランドのジーンズである。フラッシャーなどの資料的なものは付いていないが、カムロック式のジッパーを使用していることから、1950年代後半~1960年代に生産されたものと推測される。なお、W. T. Grantについては、Wikipedia(英語)で詳しく説明されている。

W.T.Grant_前面

太めのストレートでテーパードもほとんど見られない。

W.T.Grant_背面
W.T.Grant_内タグ

タグ

後右側のウエストベルト下に付けられた刺繍タグ。"GRANTS"はブランドネームか。

W.T.Grant_リベット裏

パッチ

右後ろにつけられた塩ビパッチ。ラングラーの塩ビパッチと比べるとかなり薄め。商標登録の○Rは付いていない。

W.T.Grant_バックポケット

バックポケット

やや縦長のバックポケットで、シンプルな2本線のステッチが入っている。

W.T.Grant_トップボタン

トップボタン

ウエストサイズからすると成人用と思われるが、スナップボタンが使われている。"GRANTS CIRCLE"という刻印が入っている。
WW.T.Grant_ジッパー

ジッパー

コンマー社の両ツメジッパーが用いられている。

W.T.Grant_リベット

リベット

LEEのジーンズに用いられているような形状のものだが、ブランド刻印はない。磁石の反応があるため、銅メッキの鉄製かと思われる。

W.T.Grant_ベルトループ

ベルトループ

後のセンターベルトループのみ、太めのものが用いられている。それぞれの角が普通のベルトループのようにカンヌキ留めで取り付けられている面白い仕様。

W.T.Grant_アウトシーム

アウトシーム

耳が使われているが、片方は緑と青の耳であるのに対し、もう一方は、切りっぱなしの生地を糊のようなもので固めた変わった仕様になっている。

W.T.Grant_生地

生地

3×1ではあるが、明らかにライトオンスと分かる生地。比較的染めは深いが、やや青みが強いように感じられる。スラブ感はあまりないが、ネップや織りキズが目立つ。

表記サイズ ウエスト
ヒップ 前股上 後股上 ワタリ 股下 裾幅 総丈
- 77 95 27 33.5 27 71 20 94