WRANGLER 11MWB (1940年代後半製)

 プロトタイプ(試作品)モデルを経て、製品版として発売されたラングラー最初期のモデル。内タグの"WRANGLER"ロゴの"W"の字のロープが内巻きになっているのが特徴である。製品版になって、バックポケットのステッチは、プロトタイプではアーキュエイトであったが、製品版ではおなじみのWのステッチに変化している。

Wrangler11MWB_前面

プロトタイプと比べると細身に見えるが、レングスが長いからそのように見えるだけであって、太さは変わらない。

Wrangler11MWB_背面
ベルトループは、先後のモデルと同じく7本。
Wrangler11MWB_バックポケット

バックポケット

ポケットの仕様は、現行まで引き継がれているものと同じ。擦り切れてしまっていが、ステッチの"W"の跡が見て取れる。ポケットの上部分には、パッチの跡も見える。ポケットの上部2か所でリベット留め。

Wrangler11MWB_内タグ

内タグ

内タグは、刺繍タグ。"W"の字の上部分が内に巻いているのが分かる。ベルのマークは、傾いていない縦ベル。
Wrangler11MWB_トップボタン

トップボタン

"Wrangler"の刻印入りボタン。後々のモデルと変わるところはない。

Wrangler11MWB_フロントボタン

フロントボタン

トップボタンを含めてボタンは4つ。

Wrangler11MWB_フライボタン

フライボタン

先後のモデルと同じく、フライボタンには刻印がない。
Wrangler11MWB_トップボタン裏

トップボタン裏

丸みを帯びたトップボタン裏。"A4"の刻印が入っている。

Wrangler11MWB_リベット

リベット

リベットも先後のモデルと同じく突起がないものが用いられている。

Wrangler11MWB_リベット裏

リベット裏

リベット裏は、初期のラングラージーンズに共通する真ん中に突起のあるものが使われている。

Wrangler11MWB_ベルトループ

ベルトループ

後中央のベルトループがオフセットベルトループになっている。幅1.4cmと太めのものが付けられている。

Wrangler11MWB_コインポケット

コインポケット

リベット留めは2か所留めで、上端はカンヌキ留めのみになっている。

Wrangler11MWB_アウトシーム

アウトシーム

ダブルステッチの巻き伏せ縫いで、耳は使われていない。裾はチェーンステッチ。

Wrangler11MWB_生地

生地

左綾で、長い縦落ちが多くみられるいかにもラングラーらしい生地である。生産時期にさほど差はないはずだが、プロトタイプの生地と比べると、だいぶおとなしめの色落ちになっているように見える。

表記サイズ ウエスト
ヒップ 前股上 後股上 ワタリ 股下 裾幅 総丈
W29/L32 74 100 28.5 36.5 29.5 80 20.5 105